浮気調査を自力で行いたい行動派のあなた!@コツがあります!よく見極めて!

MENU

自力での浮気調査の基本

浮気調査を自分で行うともなれば、それなりに時間や労力を要することにはなります。
また、正しい方法を知っているかどうかで、浮気調査が上手くいくのか否かの差が明確に出てきます。

では、もし自分で浮気調査をするのであれば、どんな点を押さえておくのが基本と言えるでしょうか。
最初の段階で考えておかないといけないのは、メールをチェックする方法です。

この方法は、自分で浮気調査を進めていくのであれば、絶対に押さえておかないといけない項目です。というのも、浮気は異性と知り合うことから始まるのですが、その際にメールを通じて異性とコミュニケーションを取ることになるからです。

SNSで出会うにしても、出会い系サイトで出会うにしても、あるいは友人や同僚などの親しい人から異性を紹介されるにしても、メールを通じてやり取りをするのは、やはり欠かすことができません。

実際にメールをチェックしてみると気づくのですが、メールはまさに浮気調査に必要不可欠な情報が宝のように眠っている場所と言っても、決して過言ではないぐらいです。次に、対象者を追跡することです。

これは浮気の事実を最も確信できるタイミングですし、そうである以上、やはり行わない理由はありません。パートナーの仕事の帰宅時間近くになったら、パートナーが現れやすい場所でバレないように待っているといった行為は、難易度からすれば決して易しいわけではないですが、浮気の証拠を決定づける情報を得るチャンスです。

浮気調査の対象者を泳がす方法

浮気調査の対象者をあえて泳がせてみることも、効果的な浮気調査の1つになることは、間違いありません。この方法については、慣れれば比較的対策が取り易くなるし、対象者の言動から情報を入手できることにも繋がっていくので、是非ともトライしてみる方が良いです。

では、浮気調査の対象者を泳がせる方法としては、主にどのように考えてみると良いでしょうか。
その方法として有効なのが、あえて対象者を油断させてみることです。
というのも、対象者に関連する情報に対してあまりにも敏感になりすぎてしまうと、対象者としては勘繰ってしまうことになりかねないからです。

もしそのような結果に陥ってしまえば、せっかく色々な対策を打ったところで、全てが水の泡になってしまいます。それならば、ここではあえて鈍感な態度を取っておく方が、対象者に気づかれなくて済むし、調査も上手く回るようになります。

また、対象者からすれば、浮気をした事実が全くばれていないと感じるので、更に情報を引き出すことに繋がっていきます。次に、会話の内容を記録しておく方法もおすすめです。

記録のためにはどうしても手間がかかってしまうのは否定できないですが、長い目で考えてむれば、会話における矛盾点に気づくことができ、それが浮気を発覚できる結果になります。

また、会話の内容から、「このタイミングで浮気をするのでは」とある程度の予測ができるようになるので、更に調査がしやすくなるというメリットがあります。

浮気調査に必要なグッズ

せっかく浮気調査のための情報を得るのにチャンスにめぐり合ったとしても、そのチャンスをみすみす逃してしまうようなこともあります。
これは浮気調査を自分で行うことを考えている側からすれば非常にもったいないことなのですが、このような結果はできるだけ招くことがないように、十分に気をつけていかないといけません。

それによって、本当の意味でチャンスを物にできるようになります。また、自分で浮気調査を進めていく以上、調査に役立つグッズを集めておくことも、視野に入れておきたいものです。そうすることによって、浮気の決定的証拠を物にすることができ、調査が成功します。

では、ここで必要になるグッズの例としては、どんなものが挙げられるでしょうか。

まず真っ先に挙げられるのが、カメラです。浮気の現場を確実に押さえたいのであれば、誰がどんなことを言おうと、カメラはマストアイテムになります。


というのも、写真があれば、対象者としても言い逃れができないからです。
例えばですが、浮気相手とラブホテルに出入りする現場は、まさに動かぬ証拠の例になります。ラブホテル以外の場所、例えばレストランやカフェなどでも、写真は上手く活用することができます。

次に必要なのが、ICレコーダーです。これは写真とは別に、浮気相手との会話を録音しておくことができる、非常に便利なツールです。もちろん、決定的な証拠の1つになるので、活用できる場面ではフル活用することです。